身が教え子の時に読んで衝撃を受けた戯画って一体何?

わたくしが大学生のら読んで衝撃を受けたマンガ。
それは、ずばり、浅野いにお作品の『おやすみプンプン』だ。
その読破感じたるや、ずーんと重く、胸に2、3日光は残りそうな勢いだ。
アイデンティティーたちがとにかく魅力的で、物凄く人間っぽい情緒を表に押し出していらっしゃる。
本質もさまざまで、読めば、だれか1人はひどく共感できるアイデンティティーがおるんじゃないでしょうか。
わたくしは、とにかくプンプンの叔父さんが大好きで、あのの場合途半端な強さや、言語道断旦那くらいに母性がキュンキュンと刺激されてしまう(笑)
先、ママもウンと魅力的です。
愛子ちゃんとさっちゃんは、人間まったく正抗議のアイデンティティーですが、とも女性の方達特有のやりがいを持っていて、魅了される趣旨まちがいありません。
このように、アイデンティティーのやりがいももちろんですが、もう1つの魅力は、緻密な道筋とデフォルメ化されたアイデンティティーの兼職。
不思議とマッチしていて、独特な雰囲気を醸し出していらっしゃる。
カメラで撮影したフォトに、さらにアナログ生産を付け加えて要る道筋。
そして奇妙な鳥のような外観をしたプンプンたち。
おかしなはずなのに、妙になじんでいるのが、さすが浅野いにおさん!
ぜひ、ご一読を。